14 9月 2020 – ミリタールフルグプラッツマイリンゲン

ザ· 2020 歴史的にはCovid19の年として記憶されますが、スポッターにとってはグレートデザートの年としても記憶されます。: すべてを見る機会’ 飛行機は徐々にキャンセルされました. イタリアでは、すでにまれな状況が徐々に完全に消えるまで次第に薄くなっています. 祝うことが期待されていた素晴らしい航空ショー 60 Frecce Tricoloriの年は延期されました 2021.

航空ショーと一緒に, 各国で実施されているロックダウン措置にも加担している, ここ数ヶ月、国境を離れて近隣諸国の軍事空港で写真を撮ることも非常に困難でした. これらの中でも, 確かに, マイリンゲンはお気に入りの目的地の1つです, 特に私たちの半島の北に住んでいるスポッターのために.
など, 今から封じ込め対策は少しです’ 緩和し、今日では、民兵パイロットの繰り返しコースのために、由緒あるNorthrop F 5E Tiger IIの最後の展開の1つが期待されていたことを考慮, 私たちは機会を逃しませんでした. 忠実なスポッターモービルは弓を北に向け、, 3 営業時間 1/2 出発した後で, 彼は駐車場として使用されている通常の空港接続で車輪を止めました: 私は彼がある種のオートパイロットで道を覚えていると信じ始めています.

最初の観測点に行くと、ゼネラル・エレクトリックF 404-GE-402の起動の紛れもない音が聞こえ、, 約10分後, スリップロードに赤十字のスズメバチが見えます, ヘッダーに移動する 10 そして離陸. その中にはJ-5233もあります, の一つ 8 F / Aスイス空軍の18D 2人乗り, スウェーデンのVidsel射程でAIM 120C-7ミサイルを搭載したMQM-178ドローンを撃墜することで有名になった, 9月から10月の間 2018. この性能のおかげで、フロントガラスの下に解体マーキングが誇らしくあります.
また、J-5015シングルシーターの機体の右側にある小さなバッジも注目に値します。: 私のために作成されたスクデット 40 今まで持ってきたフレッチェ・トリコローリの年 20 時代!

これは朝の第2波であることを学び、, 前のように, タイガースは参加していません: 彼らが次回離陸することを願いましょう.
離陸は互いに迅速に続き、数分で沈黙はベルン州空港の滑走路が伸びる谷の所有権を取り戻します。
ユーロコプターECも表示されます 635 迅速な着陸と離陸. GLI F 18 彼らはちょうど後に再び現れます 50 ミッションを完了し、着陸の準備をするために、空のフィールドで数分. 2人乗りのみがタッチアンドゴーを行い、1人乗りはすべてエアブレーキを開いて地面に触れ、, ヘッダーから着陸 10, 彼らはすぐにジャンクションに滑り込み、ベースが装備している洞窟シェルターに導く道に直接行きます. それ’ 今正午、私たちはあなたの歯に何かを入れることにしました: 午後の最初のミッションは遠く離れています.

昼食から戻ったとき、戦車が頭に移動したことに気づきました 28 隣の避難所の屋根から午後の波を撮影することにしました: 地域全体で最も美しい場所の1つ. 私たちが行くと、飛行機が始動していると聞いており、GEターボファンのノイズだけではありません: また、JS 85 トラはシューという音を立てます. 完全に彼らは飛んで行く 5 ホーネットe 4 虎: 2 パトルイユスイスのカラーリングにおける後者の.
GLI F 5 彼らは常にペアで離陸し、タクシーを見るのはいいことです, 頭でペアになって、着陸装置の前脚が伸びるのを待って、離陸時の迎え角を増やします (ビデオをよく見ると、はっきりと気づくでしょう). 最後 2 ホーネットの離陸ヘッドルームのすぐ隣にあるゲートからそれらを正規化します: 全力でアフターバーナーを聴くスリルは常にたくさんあります, 耳栓の発明者に感じる感謝のように: 聴覚に永久的な損傷がなければ抵抗することは不可能です.
着陸の場合は、反対側に移動して光の恩恵を得ます。ここでも、カメラ内の信頼できるSDで持ち帰る戦利品は重いです.
I decolli dell’ultima ondata li facciamo dalla terrazza sopra il ristorante: wave mista anche in questa occasione, con gli F 5 sempre in coppia: 7 minuti e sono su tutti e 9 gli aeroplani.
Torniamo allo shelter per gli atterraggi: F 5 sono i primi, appena una quarantina di minuti dopo l’ultimo decollo. Chiude le danze il biposto pochi secondi prima delle 17:00.

Torno a casa felice, con un bottino interessante. Abbiamo avuto molto caldo: mai successo qui. Il sole ha picchiato tutto il giorno e sono abbastanza provato: speriamo che la fida spottermobile si ricordi la strada di casa

Non mi rimane che lasciarvi le foto……

YouTube
Instagram